管理人である私もかなりのヘビースモーカーでした。かなりの本数を吸っていたので禁煙が難しかったのですが、チャンピックスという禁煙補助剤を使い、時間はかかりましたが禁煙に成功しました。この謎めいたチャンピックスについて紹介します。

多くのタバコ

チャンピックスによって高い確率で禁煙することができるのは、その働きがタバコの煙に含まれているニコチンと同じだからです。
タバコを吸うと煙の中のニコチンは脳まで達します。
脳にはそもそもニコチン受容体というものがありますので、それと結び付きます。
そうすると快楽物質であるドーパミンが放出されますので、良い気分になります。
これによって、また次から次にとニコチンを欲したくなり、タバコを吸ってしまってやめられないということになります。
ドーパミンのような物質の場合はニコチンが切れると離脱症状が出てしまいますので、自分でもタバコを止められなくなるというわけです。
これに対して、チャンピックスを飲むと同じように脳まで達し、同じようにニコチン受容体と結び付いてドーパミンが出ます。
この時のポイントは、チャンピックスの場合はニコチンと異なり出るドーパミンが少量だという事です。
チャンピックスを飲んだ時に出るドーパミンの量が、もしニコチンと同じ量だったとします。
そうすると、今度はチャンピックスを飲まないでいると、それはそれで離脱症状が出てしまうことになります。
その点チャンピックスを飲んでの実際のドーパミンの量は少量ですので、禁煙での離脱症状を軽いものにすることができるわけです。
チャンピックスによって、タバコを吸いたい気持ちがなくなってしまいますし、もしタバコを吸ってみたとしても、脳のニコチン受容体はすでにふさがっている状態ですし、ドーパミンの放出という視点で言えば、「少しではあるがドーパミンが今出ている状態」ですので、脳が新たにニコチンを欲することもないのです。
このようにチャンピックスは医学的に禁煙効果が高いことが証明されている薬ですので、他のやり方でこれまで禁煙できなかった人は早く試すべきです。

記事一覧
タバコと灰皿
禁煙表示
タバコを吸っている男性
たくさんのタバコを握る人